アマゾンプライム会員の無料お試しはこちら!>>

話題のボールペン「bLen(ブレン)」をレビュー

オススメ
スポンサーリンク

どうやら巷で話題になっているボールペンがあるらしい。その名も「bLen(ブレン)」

学生はもちろん社会人も何かと使う機会が多いボールペン。様々な会社が差別化をはかり、いろんな種類のボールペンを販売している。

正直どのボールペンでも「書ければいい」と思っていた僕だが、実際に学校で使ってみて非常に使いやすかったので、今回このブログでも紹介することにした。

スポンサーリンク

「bLen(ブレン)」って?

ZEBRAから発売されている「bLen(ブレン)」は「ブレないストレスフリーな書き心地」をテーマに作られたボールペン。

このテーマを実現するために、ボールペンに様々な工夫がされているらしい。

人はストレスなく書けるボールペンを求める!?

ZEBRAの調査によると、ボールペンを購入する際の重要項目として1位に「ストレスなく書ける」という項目が挙げられる。

そこでこのボールペンには筆記振動を抑制する「ブレンシステム」という技術が採用されている。

僕も今まで芯とケースの間の隙間が無くなればもっとダイレクトな書く心地が得られると考えていたが、ZEBRAはこれを実現してくれた。

ペン内部の密度が濃いため、筆記時のペンの「ブレ」や「遊び」が軽減されている。

それに低重心であることは想像以上に字を書きやすい。

また一見複雑な機構であるように思えるが、芯の交換などは今まで通り簡単に行うことができる。

シームレスなデザイン

従来のボールペンのデザインは男性的なデザインであったが、このボールペンはアップル製品のようなシームレスなデザインで作られている。

色は白、黒、グレーの3色展開(インクは黒)でどれもシンプルな美しいデザインである。

僕がボールペンを購入しに東急ハンズに訪れた際はすでに白色が完売していた。一番人気は白なのだろうか。

エマルジョンインクにより滑らかな書き心地を実現!

水性と油性のいいとこ取りをしたこの「エマルジョンインク」

これによりサラ〜っとした書き心地であると同時にインクがかすれることもない。

まとめ

今まで使ってきたどのボールペンとも違う書き味でとても気に入っている。

購入してから数日は無駄に字を書いてしまった。

最近は講義もipadでメモを取ることが多く、筆記用具を持ち歩くことが少なくなったが、このボールペンを使っていると再び紙にメモを取りたくなくなる。

いつか3色ボールペンなんかも「bLen」シリーズで作って欲しい。

【レビュー】ゼブラの「bLen」を仕事で1ヶ月使ってみた
話題のボールペン「bLen」の1ヶ月使用レビューを簡単に紹介していきます。

コメント