アマゾンプライム会員の無料お試しはこちら!>>

【完結編】ブラーノ島観光:大学生のイタリア旅行記⑤

旅行
スポンサーリンク

これまで4回にわたって公開してきた「イタリア旅行記」

ついに今回で完結です。

まだ過去の「イタリア旅行記」を見てない方はこちらを先に

今回はベネチア二日目。早速紹介して行きます。

スポンサーリンク

朝食はホテルで

前日疲れて早めに寝てしまったせいか、朝5時過ぎに目が覚めてしまった。

朝食は7時からでそれまで暇なので朝のベネチアを散歩することにした。

昼間の賑やかさとは真逆な静けさ。おかげでゆっくり写真を撮ることができた。

前日訪れた「リアルト橋」や「サン・マルコ広場」を訪れた。

歩いたせいかお腹も空き、ホテルに戻って朝食を食べることに。

普段はあまり朝食を食べないのだが、こういう旅行ではついつい食べ過ぎてしまう。

今日は水上バスに乗って他の島に向かう。

【観光スポット1】ムラーノ島

フォンダメンタ・ヌォーヴェという停留所から水上バスに乗り15分ほど。海風を浴びながら向かったこの島。

ムラーノ島はベネチアングラスで有名な島で友人は彼女にイヤリングをプレゼントしたくてこの島に行きたかったそうだ。

島に着くと、早速ベネチアングラスを売っている店がたくさんある通りにでた。

イヤリングは3ユーロほどで売っており、色も鮮やかであった。
(写真撮影できなかったので写真はないが)

ベネチア本島とはまた違って、静かな良い島だった。

【観光スポット2】ブラーノ島

決して打ち間違えた訳ではない。「ムラーノ島」と名前は似ているが全く別の島である。

「ブラーノ島」は街並みがとてもカラフルなことで有名な島。これは地元の人が濃い霧の中でも自分の家を見つけられるようにするためだそう。

船を降りるとすぐにフォトジェニックな街並みが現れる。とても「インスタ映え」しそうなこの街。

あいにく天気は曇り出会ったが、どこも鮮やかな街並みでとても感動した。

教会の傾く鐘楼は実際に見るとかなり傾いて見える。

ベネチア本島からは水上バスで30分ほどかかるがぜひ訪れてほしい。

スポンサーリンク

グルメ編

午前中早い時間から活動していたこともあり、ブラーノ島からベネチア本島に帰ってきたのは14時ごろだった。

一通りベネチアで見たいところを周った僕たちは買い物と食事をすることに。

滅多にブランド物を買わない友人が免税店でサンローランのクラッチバックを買ったのには驚いた。値段は覚えていないが免税と合わせて日本で買うより2万円弱ほど安く買うことができたらしい。

その後テイクアウトピザのお店へ。

この店も「おじゃマップ」で紹介されていたお店で名前は「Antico Forno Venezia」

とても分厚く、サクサクなピザをテイクアウト・立ち食いできるお店。

様々なピザがあったが店員さんにオススメされたものを注文。

とても美味しかった。

その後ベネチアの路地を探索したり、世界最古のカジノを訪れたり。
(カジノはビミョーだったので紹介しません、、、、)

夜ご飯はホテルの近くのレストランでパスタを頂くことに。

やっぱり本場のパスタは美味しいです。ちょっと思ったより値段が高かったけど。

その後

こうしてホテルに戻り、みんなで買ったお土産を並べ写真撮影。

男同士のしょうもない話で盛り上がり、ベネチア最後の夜は終了。

最終日は帰宅するだけだったので割愛。特に面白いハプニングもなかったので。

こうして僕らの男3人のイタリア旅行は終わりました。

人生初のヨーロッパ。行ってみてとても良い経験が出来た気がする。

今度はフランス、欲をいえばF1を観戦しにモナコにも行って見たい。

スポンサーリンク

コメント