アマゾンプライム会員の無料お試しはこちら!>>

ピストデビュー、チネリ(cinelli)のガゼッタを購入しました。

自転車
スポンサーリンク

社会人になり、大学生とは違う規則正しい生活になったわけですが、大学生の頃の生活スタイルと違うところがもう1つあります。

それは運動しなくなったということ。

学生の頃はフットサルやサイクリングなどして体を動かしていたのですが、今は休日といえば車でドライブすることがほとんど。

そんなわけで久しぶりのサイクリングをしようと思い、久しぶりの自転車を購入しました。

しかもピストバイク。

今回は僕が購入した「チネリ・ガゼッタ」を写真と共に紹介していきます。

スポンサーリンク

チネリ・ガゼッタ

学生時代はロードバイクに乗っていましたが、車を購入する際の頭金の足しにするために売却してしまいました。

今回はあくまで街乗りやサイクリングがメインということで以前から気になっていたピストバイクを検討していました。

色んなメーカーで悩みましたが、値段的にもデザイン的にも気に入ったのがチネリのガゼッタ。

イタリアで有名なニュースペーパー” Gazzetta dello Sport “にちなんで名づけられた”Gazzetta”。
汎用性の高い、街乗り用ハイエンド・フィックスバイクです。
フレームサイズ、ジオメトリーを見直し、ハンドリング性に優れたライザーバーを採用
引用:チネリ

たまたまお世話になっている自転車ショップに在庫があったのですぐ購入できました。

僕が購入したのは2019年モデル。装備はこんな感じです。

定価[税抜] ¥108,000(2019年9月末現在)
カラー ビヨンド・ブルー・アイズ
サイズ [ cm ] XS (50.5) – S (52.5) – M (55.5) – L (59.5)
チューブ コロンバス クロモリ ダブルバテッド
フレーム重量 [ g / size M ] 2000
完成車重量 [ kg / size M ] 9.7
フォーク チネリ クロモリ 1-1/8″
フォーク重量 [ g ] 725
フォーク・オフセット [ mm ] 35
ヘッドセット EC34/28.6 – EC 34/30
BB FSA BB-7420 ST
クランクセット LASCO 46T – 170 mm
チェーン KMC Z510
シートポスト チネリ 6061 Ø 27.2 mm
シートポスト径 [ mm ] Ø 27.2
ハンドルバー チネリ 20 mm Rise Bar Ø 31.8 mm
ステム チネリ 6061 Ø 31.8 mm
グリップ VELO VLG 520
バーテープ
ブレーキ PROMAX RC-452
ブレーキレバー PROMAX 249A
ホイール A-RIM S4219 Rims – KT Hubs Fix/Free Flipflop
ギア 17T固定ギア / 18Tフリーギア
タイヤ DURO Hypersonic 700 x 25 mm
ペダル WELLGO R110
サドル VELO VL-1353
付属品
備考

身長177cmの僕は少しレーシーなスタイルで乗りたかったのでSサイズを選びました。

日本なのでリアブレーキを装備。

スポンサーリンク

ガゼッタのここがいい!

値段が安い
本格的なヨーロピアンなピストが10万円代で手に入るのはとてもお買い得。性能、デザインともに最高です。

フリーギアと固定ギアの両方が付いてくる


シングルスピードの自転車に乗ってみたいけど固定ギアは不安という人も、フリーギアが付いているので問題なし。
ホイールの片側にフリーギア、もう片方に固定ギアが付いているので(お店によっては片側しか付いていないかもしれません)気分によって変えることができます。

ガゼッタのここが残念

・純正のハンドル幅が広すぎる
万人が乗れるようにということなのか、この幅が流行っているのかわかりませんがちょっとハンドル幅が広すぎる感じがします。しばらくしたらカットするか違うハンドルに変えようと思います。

・カタログの写真と違う
カタログではホイールはリムを含めて黒のデザインですが実物ではリムの塗装はされておらず、通常のシルバーです。
黒のリムの方がカッコイイ気がするのでそこは残念です。

まとめ

色もデザインもとても気に入っています。

増税前にいい買い物ができました。

ちなみに実はこのピストを選んだのにはもう1つ理由があります。それはカスタムしやすいため。

値段も安くカスタムベースにはもってこいの車両です。

今後「ピストカスタム日記」と題して1ヶ月に数回カスタム記録を掲載していこうと思っています。

サイコンやライトなどの備品からホイールやブレーキ、クランクなどのコンポーネントまで色々なものをカスタムして行く予定です。

お楽しみに!

それではまた!

コメント