「社会人一年目、アウディTTを買う」はこちら!>>

シマノ105のブレーキ(BR-R7000)を装着:ピストカスタム日記

自転車
スポンサーリンク

今回のピストカスタム日記は以前から変えたかったパーツ「ブレーキ」の交換編

チネリ・ガゼッタ純正ブレーキからシマノ105のブレーキへ変更したらどれくらい変わるのか紹介していきます!

スポンサーリンク

なぜブレーキを変えたのか

自転車に興味がない人からすれば既についているブレーキをなぜ変更するのか疑問に思うかもしれませんが、基本的に20万円以下のロードバイクやシングルスピードの自転車には自転車の本体価格を抑えるために安いブレーキがついていることが多いです。

105装着をうたっているモデルでもクランクとブレーキは105以外のモデルがついていることがあります。エントリーモデルなので装備のグレードより値段を抑えることを優先しているので安いグレードが装着されるのは必然なのですが、しばらく乗っていると交換したくなってくるもの。

ちょうど良いタイミングでクレジットカードのポイントが溜まったのでアマゾンで購入しました。

BR-R7000

数あるシマノのブレーキの中から105を選んだのはよく「105以上のグレードのブレーキを付けた方がいい」と聞くのもありますが、105とアルテグラの違いがあまりわからないということ。もちろんデュラエースになると全然違いますが性能だけではなく価格も桁違い。そうなるとコスパも性能も一番いいのが105ということになります。

105ブレーキの詳細は以下の通り。

モデル番号 BR-R7000
シリーズ SHIMANO 105 R7000 シリーズ
カラー シルキーブラック | スパークシルバー
平均重量 379 g/pair
ブレーキタイプ SLR-EVデュアルピボット
リーチ (mm) 51
ブレーキシュータイプ_ノーマル R55C4
ブレーキシュータイプ_オプション R55C4カーボン, R55C4-Aカーボン, R55CT4
互換性 SLR-EV
ピボットナット (mm) _フロント 10.5
ピボットナット (mm) _フロント 12.5
ピボットナット (mm) _フロント 18.0
ピボットナット (mm) _フロント 27.0
ピボットナット (mm) _フロント 32.0
ピボットナット (mm) _リア 10.5
カートリッジシューホルダー
タイヤガイドバンパー
QR
トーインアジャスタブル
対応最大タイヤサイズ 28C
リム幅 20.8 – 28 mm

実際にガゼッタに装着

純正ブレーキを外すためにブレーキケーブルを外していきます。

シマノ105はデュアルピポットブレーキなのに対して純正ブレーキはシングルピポットブレーキ。比べてみると違いがわかります。

ケーブルが外れたら純正ブレーキを外し、105ブレーキを装着。

ケーブル類を戻して完了です。

純正ブレーキに比べてゴツくてかっこいいです。

スポンサーリンク

実際に走ってみて

ブレーキは105以上が良いと言われる所以がわかった気がします。

先日仕事帰りに雨に降られたのですが、制動力が全く違いました。

今までより軽い力で止まることができるのはもちろん、グッとブレーキを握った時の反応が良いです。

僕は街乗りでしか使わないのですが、実際にロードバイクで峠に行く方は下りで違いを実感できるのではないでしょうか?

またガゼッタのパーツを変えたら紹介したいと思います。

それではまた!

コメント