アマゾンプライム会員の無料お試しはこちら!>>

内装紹介:社会人一年目、アウディTTを買う【購入記】

スポンサーリンク

前回の「社会人一年目、アウディTTを買う」で無事に納車された、僕のTT。

あれから数日、仕事から帰ってきてはTTを見てニヤニヤして、たまにエンジンをかけ、まだよくわかっていないボタンや装備をチェックする毎日です。

今回はそんなTTの内装を紹介する記事。ぜひTT(8s)の購入を検討している方は参考にして見てください!

スポンサーリンク

運転席まわり

バーチャルコックピット

TTの内装で一際目をひく、このアイテム。

そう「バーチャルコックピット」です。ドライバーがなるべく進路方向からの視線を外すことなくナビやオーディオ選択をすることができます。

実際の使い心地はどうかというと、、、、、

僕は使いやすいです。ナビも見やすく、音楽選択等もハンドル周りのスイッチで完結できます。

ただ同乗者からはナビ画面や、テレビなどを見ることが難しい(頑張れば見える)のでそこを気にする人にとっては不便かもしれません。

エアコン関係

続いてはエアコン関係。飛行機のエンジンをモチーフにしたと言われるこの送風口。

とてもスタイリッシュかつ直感的に操作できるので、ここも気に入っているポイントです。

エアコンの効きは文句なし。

送風口の下にはハザードやリアウィングの開閉などの各種操作ボタン。

一番右についてる「ドライブセレクト」のボタンを押すことで、走行モードを変更することができます。

いくつかのモードがある中、一番のお気に入りが「ダイナミックモード」

「ダイナミックモード」にすると音も激しくなり、だいぶスポーティーなモードで走ることが可能です。

センターコンソール

センターコンソールはシンプルな配置。

ナビやメディア等の操作ボタンやメニューボタン、パーキングボタンなどがあります。

真ん中の丸いボタンは「決定ボタン」でありながら、ボタン上に指で文字を書くと、目的地入力を行うことが可能。

ただ運転席から見て左側にあるので、右利きの人にとっては入力が不便かもしれません。僕は右利きなので使いづらいです。

ドリンクホルダーは一個しかないので、2人でドライブする際は蓋のある飲み物を購入してドリンクホルダーの後ろにあるスペースに置いておくしかありません。

Sラインパッケージ

この車には内外装共に「Sラインパッケージ」が装備されています。

これがあることで標準モデルより、内装が豪華になっています。

ハンドルやシフトレバー、シートに「Sライン」のロゴが。

スポンサーリンク

トランク

トランクはこのサイズの車にしてはだいぶ広いです。

後部座席は倒せば、ゴルフバックはもちろん、前後輪を外したロードバイクなんかも乗せることができます。

まとめ

今回はTTの内装を紹介しました。

さすが、アウディ。細かいところまで美しいです。

次回は外装編。晴れた日に外装の写真をたくさん撮影しておこうと思います。

それではまた!

スポンサーリンク

コメント