「社会人一年目、アウディTTを買う」はこちら!>>

コンパクトハッチバック、アウディA3を運転しました。:社会人一年目、アウディTTを買う

スポンサーリンク

社会人一年目、アウディTT」を買うも30話目になりました。今回はTTの話ではなく同じアウディのA3について。

先日の車検のときに代車として借りて運転する機会がありましたので紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

Audi A3

A3はアウディの中でもコンパクトサイズに分類される車で今回運転したハッチバックタイプだけではなくセダンタイプもラインナップされています。

日本の狭い道路事情や週末の買い物等での使用にはちょうど良いサイズ感で、日本車でいうとスバルインプレッサやマツダ3あたりと比較されやすいサイズ感です。

今回運転したのは一番ベーシックなモデル「Audi A3 Sportback 30 TFSI 」でSラインパッケージ等の装備は装着されていません。

海外では4世代目のA3がちょっと前に発表され試乗記事などが専門誌によってチラホラ挙げられているので決して新しいデザインではないです。そのため内外装ともにアッと驚く新鮮さはありませんが以前紹介したQ2のようにクルーズコントロールやバックカメラなど必要な装備はだいたい装着されています。

もちろんバーチャルコックピットも装備されているので目線をあまりズラす事なく地図などを確認することができます。

内装に関してはファブリックシートが採用されおり若干安っぽさを感じますが乗り心地に関しては文句なく、5.1mという最小回転半径も運転のしやすさを助けてくれます。

想像より路面の凹凸を拾う感じがしましたが、街乗りでも問題ないレベルです。

低速でハンドルを切るとゴリゴリ音がしましたが、これはステアリングシステムの影響みたいです。

後部座席の広さは運転席を身長176cmの僕のドライビングポジションに合わせて拳一個弱。足元は運転席したに足を少し伸ばすことが可能。

トランク容量は後部座席使用時でおよそ380リットル。ゴルフバック等は後部座席を畳まないと積載することが難しいですが日常の買い物等では全く問題のない広さです。

A3はVWゴルフとともにVWグループの横置きエンジン用モジュラープラットフォーム「MQB」を採用する兄弟車で価格もほぼ同じなのでどちらを購入するか悩んでいる方は難しい選択になるかもしれません。

車両概要

車両本体価格(消費税込み)
¥3,300,000
総排気量
1,394 cc
燃費
19.5 km/ℓ (JC08モード)
最高出力[ネット]
90(122)/ 5,000 – 6,000  kW (PS) / rpm
サイズ(全長/全幅/全高 mm)
4,325/1,785/1,450*¹
車両重量(Kg)
1,320
乗車定員(名)
5
*1 MMIナビゲーションシステム装着車の場合+15mmとなります。
スポンサーリンク

まとめ・感想

A3と比較される同じようなサイズの価格帯の国産車は低価格で内装や装備もかなり充実しています。マツダのA3に至っては欧州車のような洗練されたデザインと内装で今までの日本車には無い雰囲気を感じます。そんなハッチバック戦国時代で国産車に比べて少し値段の高いA3をオススメするのは難しいところ。

4世代目のA3はインフォテイメント関連もかなり進化するようなので日本市場への導入が楽しみです。

それではまた!

コメント