アマゾンプライム会員の無料お試しはこちら!>>

【作例集】iPhone11Proを使って色んな写真を撮影してみました。

ガジェット
スポンサーリンク

iPhone11proを購入してから2ヶ月ほどが経過しました。

カメラ技術の進歩には毎回驚きますが、このiPhoneにしてから写真を撮影する機会が増えた気がします。

なぜが無駄に広角の写真を撮ってしまいます。(iPhone11proユーザーあるある?)

今回は色々写真が溜まってきたので、僕が撮った作例を公開していきたいと思います。

スポンサーリンク

まずは通常のカメラモードから

今回載せる写真はほとんどが撮って出しの無加工です。

iPhone11proになり、明るい昼間はもちろん、ナイトモードの搭載により夜景も綺麗に撮影できるようになりました。

たかが一年、されど一年。一年前のiPhoneXsも使っていた頃は綺麗な写真が撮れると思っていましたが、やはり全然違います。

まずは明るい時間の写真から

続いてはナイトモード。三脚などは使用せず、手持ちで撮影しました。

インカメの写真は載せませんが、インカメも画質は向上。さらに広角になりました。

スポンサーリンク

ポートレートモード

僕が初めてポートレートモードを使用したのは「iPhoneX」

その時はスマホでもこんなに背景がボケる写真が撮れるのかと思ったことを覚えています。

その後「iPhoneXS」で、後からボケ量を調整可能になり、自分の好みのボケ量に変更することが可能になりました。

今回の「iPhone11pro」ではより近い距離からボケる写真を撮影できるようになりました。

ボケの感じもより自然になったように思えます。

欲を言えば、もう少し近くから自然なボケの感じで撮影できるようになれば一眼レフやコンデジの出番が減るような感じがします。

前置きが長くなりましたが、ポートレートの作例をどうぞ。

これが広角モード

冒頭でも書きましたが、僕が一番使っているのが「広角モード」

カメラが3つになったことによって実現した広角モード。

通常これまでのiPhoneでカメラを使うときは撮影ボタンの上の「1」から「10」までの倍率を選択して撮影していましたが、今回から「0.5」という広角モードが登場

なぜか写真撮影が上手くなった錯覚を起こします。

それくらいカメラ性能が助けてくれます。

広角モードでの撮影で唯一不満なのは、画質が極端に落ちること。

もう少し画質の面も頑張ってくれると嬉しいです。アップルさん。

まとめ

毎回iPhoneを変えるたびにカメラ性能には驚かされます。

早くも来年のiPhoneがどれくらい変わるのか楽しみです

それではまた!

コメント