アマゾンプライム会員の無料お試しはこちら!>>

PayPayが第二弾キャンペーンを開催!今回は大学生もお得に使える予感!

オススメ
スポンサーリンク

近年盛んに耳にするようになった「キャッシュレス決済」。僕も大学に入学と同時に現金での決済を減らしキャッシュレスにシフトし始めた。

そこにおいて「PayPay」は僕の周りのキャッシュレスに興味がない友人にまで影響を与えた。昨年末に行われた100億年キャンペーンはかなりのインパクトがあったことは間違えない。

以前の第一弾キャンペーンの時に僕は初めてPayPayを使って買い物をした。

ジンバル搭載カメラ「Osmo Pocket」を購入
DJIの「Osmo Pocket」が届きました!今回は簡単なレビュー記事です!

今回はその「PayPay」が第二弾キャンペーンを開催!

前回と還元の条件等が変わったようなので早速紹介していく。

スポンサーリンク

PayPayの第二弾キャンペーンはここが変わった

2019年2月12日午前9時から開催される、PayPayの第二弾の100億円キャンペーン。

第一弾キャンペーンとの違いを整理していく。

還元ポイントの上限が変更に

第一弾のキャンペーンでは「1ヶ月5万円まで」とポイント還元の上限が決められていた。これにより高額な商品、特に普段は値下げされないApple製品などが飛ぶように売れ、ビックカメラなどでは売り切れが続出した。

しかし第二弾ではここも大幅に変更。「1会計1000円まで、期間中に5万円まで」となった。これにより高額商品の購入による大幅なポイント還元は受けられなくなり、日常の買い物でのPayPay決済を促進したい考えが伺える。

また全額還元も上限が1000円までになったが、当たる確率が高くなった。

だがこれは我々学生のようにコンビニでよく買い物をする人にとってはメリットもある。例えば1回700円ほどの昼食をコンビニなどでPayPay決済する。これを月曜から金曜日まで続けると最大700ポイント貯まり、実質1食分がタダになる計算。さらに10回に1回(ヤフープレミアム会員なら5回に1回)の全額キャッシュバックに当選すればさらにお得。

個人的にはディズニーリゾートのチケットをPayPay決済を使ってコンビニで購入することがオススメ。

還元率が支払い方法によって異なる

以前の第一弾キャンペーンではどの支払い方法でも20%還元されたが今回は異なる。

(出店:PayPay

PayPay残高による決済のみ20%還元、続いてyahoo!Japanカードによる支払いが19%還元(yahoo!Japanカードはもともと1%還元のクレジットカードなので実質20%還元)、その他のクレジットカードによる支払いが10%還元となった。

PayPay残高へのチャージは銀行口座、yahoo!Japanカードから可能。

僕は前回のキャンペーンでは他社のクレジットカードで支払いしていたので、銀行口座と連携させる予定。

スポンサーリンク

まとめ

今回のキャンペーンは今までキャッシュレス決済を行ったことがない層へのアプローチであることは間違えない。

このPayPayのキャンペーンで今まで以上に様々な場所でキャッシュレス決済が行えるようになったら嬉しい。

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

コメント