アマゾンプライム会員の無料お試しはこちら!>>

NIKEから全自動靴ひも調整シューズが発売されるらしい!

スニーカー
スポンサーリンク

こんにちは!ヨッシーです!

映画「バックトゥーザフューチャー2(Back to the Future II)」で描かれた2015年の世界。

ホバーボードや自動でサイズ調整、乾燥してくれるジャケットなど様々なものが登場したが、残念ながらこれらはまだ我々が簡単に手にすることができない。

そんな中、劇中に登場した「全自動靴ひも調整シューズ」が2019年3月22日(もしかしたら変更になるかも)にナイキから発売されることになったのだ。

その名も「アダプトBB


(出典:NIKE

ナイキがこのような靴を発売したのはこれが初めてではないが、過去に登場したモデルは靴、スニーカーにしては高すぎた。

しかし今回の「アダプトBB」は、我々が手に入れやすい値段発売されることになった。

早速詳しいスペック・値段は記事後半で!

スポンサーリンク

NIKEの全自動靴ひも調整シューズ

今回発売される「アダプトBB」。前述したようにナイキがこのような「全自動靴ひも調整シューズ」を発売したのは今回が初めてではない。

バックトゥーザフューチャー2(Back to the Future II)でマイケル・ジェイ・フォックス演じるマーティ・マクフライが劇中で履いていた「ナイキマグ」が2016年に世界限定89足で販売された。

これはかなり狭き門で、アメリカ・カナダのナイキでの発売であった。

その後2017年9月に「ナイキ ハイパーアダプト 1.0(HyperAdapt 1.0)」が発売された。

これは前回の「ナイキマグ」に比べるとかなり簡素化され、普段使いもできるようなシンプルなデザイン。

これが初の市販モデルで日本にも原宿に限定ストアができるなど、事前入店抽選や、オンラインで購入できれば我々でも手に入れる初のモデルであった。

しかし値段は税込81000円と、まだスニーカーにしては高かった。

そして2019年3月22日に発売される「アダプトBB」へと繋がっていく。

アダプトBBは前回と同じようにシンプルなデザインを継承しながらも「バスケットボール」に特化した設計になっている。

そして気になる値段は

税込37800円

アディダスのイージーブーストなどとあまり変わらない価格帯になった。

性能などは次の章で!

アダプトBB

日本では2019年3月22日午前9時より発売される「アダプトBB

ここでは基本的な機能などを紹介していく。

基本操作

ワンタッチで靴ひもを閉めたり、緩めたりできる。

操作は靴のナイキロゴの下にある二つのボタン、もしくはスマートフォンアプリからおこなえる。


(出典:NIKE

もちろん充電がなくなっても靴ひもは緩むのでご安心を。

充電の残量はボタンの色とアプリから確認可能。

充電は専用のパットに置くワイヤレス充電で1回3時間ほどのフル充電で10日~14日ほど使用可能とのこと。

アプリの使用でさらに便利に


(出典:NIKE

近日公開されるNIKE Adaptアプリと連携することによって様々な調整がおこなえる。

・自分の足に合わせてフィット感の調整
・プリセットの切り替え
・ライトのカスタマイズ
・バッテリー残量の確認

雨の日でも使えるのか

ナイキが「アダプトBB」を用いておこなったテストによると

・786ポンド(354kg)の力の衝撃を30,000回
・シューレースの締め付けをきつくした状態から緩める作業を2,900回連続で実施
・ボタンを40,000回押して動作を確認
・左から右にシューズを屈曲させる動きを5,000サイクル
・気温45℃、湿度85%
・3分間におよそ80ガロン(約300L)の水を浴びせる
・480kmのランニング
引用:NIKE

このような状況でも正常に動作したようなので、この靴を履いて海や川でも泳がない限り、普通の使い方をして入れば雨の日に使用しても問題はなさそう。

僕も購入予定なので、購入できたら実際のシューズを交えて機能などを別記事にて紹介予定!

スポンサーリンク

購入方法

今のところ国内では販売予定の店舗はこちら

・ナイキの「SNKRS」

Nike SNKRS

Nike SNKRS

Nike, Inc無料posted withアプリーチ

・ナイキ原宿
・アトモス
・GALLERY2

まとめ

いよいよ未来のスニーカーが発売されます。

ナイキはこの「アダプトBB」を皮切りに今後このような機能を搭載したシューズを発売予定。

買えるかな〜、とにかく情報を待ちます!

スポンサーリンク

コメント