アマゾンプライム会員の無料お試しはこちら!>>

【打ち心地重視】MacBookProに有線キーボードを繋げて使ってみた

ガジェット
スポンサーリンク

人ってなぜか無駄なものを買いたくなるときありますよね。

みんなには理解されないけど、自分が満足すればそれでいいんです。

今回はMacBookProに有線キーボードを繋げた話。

キーボード付きのパソコンにさらにキーボードを繋げるという、ちょっと頭の悪い感じ。

でもいいんです。僕が満足すれば、、、、

それでは早速紹介します!

スポンサーリンク

なぜ有線キーボードを繋げたのか

僕が今使っているパソコンは「MacBookPro 2017年モデル」。

【持ち物】大学生のカバンの中身、大公開!
今回は大学生のカバンの中身、持ち物を紹介します!

最近のAppleのパソコンの年々薄くなっていき、それとともにキーボードの押し心地も変わっていきます。

僕は押し心地を感じられるキーボードの方が好きなんです。あの小学校・中学校にあったパソコン室にあったデスクトップパソコンのキーボードの押し心地が一番好きなんです。

もちろん「MacBookPro」のキーボードも押し心地は別として使いやすいです。

でもせっかくブログを始めたんだから、家にいる時くらい快適に執筆したい!

そんなわけで一見無駄に見える有線キーボードを購入したわけです。

無線キーボートにしなかった理由はただ一つ。有線キーボード方が安かったから。

今回買ったキーボード

僕が購入したキーボードはこれ!

エレコムの「TK-FCM085WH」

写真でもわかるようにWindows用。今回はお試しということでとりあえずキーボードが使えればなんでも良かったんです。
ちなみにビックカメラにて900円で購入。安い。

中身は超シンプル。白のキーボードです。

「MacBookPro 2017年モデル」はUSB-Cポートしかなく、繋げるにはアダプターが必要。

僕はこんな感じのアダプターを使っています。USBポート、USB-Cポート、SDカードスロット、マイクロSDカードスロットがついています。

キーボードのストロークは2.8mm、押し心地最高です。

背面には傾斜角度調整スタンド付きで、タイピングの疲労を軽減してくれます。

繋げるとこんな感じ。

キーボードは大きいので家での作業専用で持ち運びはしません。

メリット・デメリット

メリット

「とにかく快適に使える。」
これが一番のメリット。タイピングスピードは若干落ちた気がしますが、これも慣れれば問題ないはず。

このキーボードでタイピングしたいがためにブログを書いている感もあります。最高です。

「有線だから充電不要」
Bluetoothのキーボードだと、充電や電池交換が必要になることがありますが、このキーボードは有線なのでその心配はなし。
家に着いてUSBをパソコンに刺せばタイムラグなくすぐに使えます。

デメリット

「Windows用だから使えないキーがある」

これに関してはソフトウェアをダウンロードしたりすると使えるらしいですが、面倒なのでやっていないです。

とは言っても文字は普通に打てるので問題なく使っています。使えないのは「かな・ローマ字変換」など。
刻印されているキーと実際に打って出る文字が違ったりしますが、これは括弧などの記号だけです。

「大きいから持ち運びは不便」
これに関しては先ほども書いた通り、家でしか使わないので問題なし。

スポンサーリンク

まとめ

ブログの執筆環境の改善はモチベーションアップにも繋がるので効果的だなと実感。

まだブログを解説して1ヶ月。PV数も少ないので安い金額で環境を改善して頑張っていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメント