アマゾンプライム会員の無料お試しはこちら!>>

MacBookAir 13インチ 2019年モデルを購入しました。

ガジェット
スポンサーリンク

12月の社会人の楽しみといえばボーナス。アマゾンのサイバーマンデーセールの特設サイトを見ながら物欲をそそられていました。

サイバーマンデーセールでは買い物をしなかったのですが、別のところで物欲の魔の手が。

そんな訳でタイトル通り「MacBookAir 13インチ 2019年モデル」を購入したので紹介していきます。

スポンサーリンク

MacBook Air 13インチ 2019年モデル

このブログを読んでくださっている方なら気付くかもしれません、MacBookProはどうしたのかと。

以前は仕事でも使うことがあったためMacBookProを使っていたのですが、最近は会社から支給されたPCを使っているので出番が少なくなってきました。

家ではブログを書くかネットを見るくらいなのでそんな高性能なパソコンは必要なく、売却することに。

流石にPCが無いのはブログを更新する上で困るので売却したお金でベースモデルのMacBookAirを購入しました。

早速開封していきます

いつも通りのMacBookの箱。

ここからの写真ではパッと見、MacBookProもMacBookAirもわかりません。

開けるといつもの起動画面が。

言語や様々な設定を行います。

MacBookを購入したら毎回、液晶の保護フィルムだけ貼ります。

人生初のMacBookAir。ここから徐々に慣れていきたいと思います。

詳しいスペック等はガジェット系のサイトで詳しく乗っていると思うのでそちらを。

このブログではMacBookProとの違いや、僕の使い方などを中心に紹介していきます。

僕が感じたMacBookPro2017との違い

まず一番最初に感じた違いは「キーボードの打感」

MacBookProに比べてMacBookAirの方がキーボードの打感が思い感じ?がします。

打ちづらいという訳では無いですが、打ちやすいという訳でも無いです。

二つ目は「充電の持ち」

MacBookProはTouch Barがあったからか、充電の減りが早い気がしていました。今回購入したAirはTouch Barが無いため充電の持ちがいいです。

僕はあんまりTouch Barのメリットを感じていなかったので、Touch Barなしで充電が持つ方が大歓迎です。

最後にサイズ感や厚さですが、サイズ感はあまり変わりませんが重量の違いは実感できます。

厚さは薄いのですが、逆にMacBookProはよくあの薄さで作られているなと感心しました。

スポンサーリンク

最後に

AppleのMacの中では比較的にお手頃な値段のMacBookAir。

動画編集やプログラミングをしなければAirのベースモデルで問題なし。

とりあえずMacが欲しい人やレポート作成しかしない学生さんにはオススメなモデルです。

それではまた!

コメント