アマゾンプライム会員の無料お試しはこちら!>>

香港到着編:写真で振り返る香港・マカオ旅

旅行
スポンサーリンク

学生の頃はお金を貯めては旅行に行くという生活をしていました。むしろ旅行に行くためにアルバイトをしていた感じでした。

社会人になってからはお金は貯めるものの、長期連休があまり取れずなかなか旅行に行けず。

先月三連休を取ることができたので久しぶりの海外旅行に行ってきました。場所は「香港・マカオ」

ライカとiPhoneで撮影した写真と共に僕の香港・マカオ旅を紹介していきます。

スポンサーリンク

今回の旅行は羽田からスタート

僕の海外旅行は今まで全部成田空港からスタートでした。「ロサンゼルス・ラスベガス」も「イタリア」、「グアム」全て成田から。

ですが今回は人生初の羽田空港からのスタート。そして人生初のLCCです。

朝6時代の早朝フライトということで4時頃には空港に到着。普段はリムジンバスで空港に向かうのですが、この時間だとバスが出ていないので車で空港へ。

TTだとキャリーバックを2つ積んでも余裕の容量です。

早速チェックインやWi-Fiのレンタルなどの諸々の手続きを済ませます。

お腹が空いたのですが、朝4時、5時だと空いてるお店が少ないのですが、幸い吉野家やモスバーガーは空いていたので、モスバーガーで腹ごしらえ。

LCCは機内食が無いので今のうちにお腹を膨らませておきます。

特にやることも無いので、出国手続きを済ませて免税エリアに向かいます。24時間営業の免税店もあるので化粧品や香水、タバコなど免税店で購入するとお買い得なものも購入できます。

LCCということで乗り場が大分奥にありました。余裕を持って向かうことをお勧めします。

機内の様子や今回使用した香港エクスプレスについての記事は「HKエクスプレス(香港エクスプレス)の機内の様子を紹介します!」で紹介しています。

香港到着

早朝発ということもあり、機内で仮眠を取っていたら、いつの間にか着陸体制に。

人生初の香港に到着です。

到着して最初の感想は「暑い」。

僕が7月中旬の日本は例年とは違い気温が上がらない日々が続いてました。そのせいか香港がやけに暑く感じました。

特に一日の流れを決めていなかったのですが、初日はキャリーバックをホテルに置いてマカオに向かうことに。本当は空港から直接マカオに向かった方が近いのですが、キャリーバックを預けたかったので、遠回りですが一度香港に入国することにしました。

香港
公用語:香港語(広東語)・英語
面積:1,104㎢
通貨:香港ドル

今回の宿はチムサーチョイというエリアにあるのでエアポートシャトルで九龍駅へ、その後無料のシャトルバスでホテルの近くまで向かいます。

途中車窓からTTを眺めながらホテルに到着です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は香港到着まで。次回はマカオでの観光の様子などを紹介していきます。

それではまた!

今回使ったカメラ


▷【レビュー】ライカの最安モデル「C-LUX」を購入してみた

スポンサーリンク

コメント