アマゾンプライム会員の無料お試しはこちら!>>

シュアラスターのタイヤワックスを購入。実際に使ってみてのレビュー

スポンサーリンク

またまた洗車グッズの紹介です。

最近youtubeやネットを見ては気になった洗車用品をアマゾンでポチポチする日々。ちょっと前ですが気軽に自分で車をコーティングできる「ワコーズのバリアスコート」を紹介しました。

車体をピカピカにしたら次はタイヤ周り。納車時のタイヤの輝きを出すにはタイヤワックスしかない。

そんな訳で今回はシュアラスターのタイヤワックスを購入したので紹介していきます。

シュアラスターのタイヤワックスのここがいい!
・ノーコンパウンドなのでタイヤを削らない
・タイヤ本来の黒さを取り戻せる
・簡単に施工できる
シュアラスターのタイヤワックスのここが残念
・光沢はあまりでない
・効果が約1ヶ月と短い

タイヤワックス SurLuster S-67

シュアラスターにはタイヤワックスが二種類あります。今回僕が購入したのは「タイヤワックス SurLuster S-67」というもの。

タイヤ本来の黒さを取り戻すことができるこのワックス。値段も安く一本で約タイヤ80本分施工することができます。

光沢はあまり出ませんが、光沢を出したい人向けに「タイヤコーティング+R SurLuster S-89」という商品もあります。僕が購入したワックスより値段は高くなりますがこちらは光沢を出すことができます。

毎度のことアマゾンで注文。前回「洗車用にプリメロ風量調整ブロワーを購入。」で紹介したブロワーと同時に購入しました。

セット内容はタイヤワックス本体と施工用のバフの2点。

あらかじめホイール周りを洗車して水滴を拭き取って施工していきます。

バフに適当な量ワックスを乗せ、タイヤのサイド部分に塗りみます。

塗りこむタイプなのでホイールやボディにワックスがかかる心配がありません。

これが半分施工した写真。

右半分を施工して、左半分は何もしていない状態です。

写真の通り光沢は出ませんが、タイヤ本来の黒を取り戻すことができます。

同じように四輪全て施工して終了です。

まとめ

最近立て続けに洗車用品の紹介をしてきました。車が綺麗になっていくのが嬉しいですが、洗車をするたびに飛び石の傷があるとショックを受けます。

次のカー用品紹介は純正のタッチペン紹介を考えています。

と思ったのですが増税前に何か大きい買い物をしたい気持ちも。ホイールやドラレコやその他諸々。

もちろんカー用品以外にも欲しいものがたくさん。物欲はつきません。

また何か購入したら紹介していきます。

コメント